投稿

ファクタリングとは 図解 経営改善ラボ

【PR】






















































【PR】
















ファクタリングの仕組みについて

ファクタリングは、企業が売掛金(未回収の売上債権)を金融機関やファクタリング会社に売却することで、即座に資金を調達する手法です。以下に、ファクタリングの仕組みについて詳しく説明します。

売掛金の譲渡

企業はまず、未回収の売掛金をファクタリング会社に譲渡します。譲渡された債権は、ファクタリング会社の資産となります。

資金の受領

ファクタリング会社は、譲渡された売掛金に対して一定割合(通常は債権額の一部)の即時現金を企業に支払います。これにより、企業は即座に資金を受け取ることができます。

回収と手数料の支払い

ファクタリング会社は、譲渡された売掛金の回収を担当します。顧客からの支払いを受け取ると、その金額から手数料や手数料率を差し引いた残額を企業に支払います。

リスクの負担

ファクタリング会社は、譲渡された売掛金の回収リスクを負います。つまり、顧客が支払いを行わない場合でも、企業はそのリスクを負わずに済みます。

利点

  • 即座に資金を調達できるため、資金繰りの改善が可能です。
  • 売掛金の回収リスクをファクタリング会社が負うため、企業の信用リスクが軽減されます。
  • 貸倒リスクを軽減することで、企業の財務状況が安定します。
  • 売掛金の管理や回収業務をファクタリング会社に委託できるため、業務効率が向上します。

欠点

  • 手数料や手数料率が高い場合、コストが増加する可能性があります。
  • 一部の顧客に対して売掛金の譲渡が難しい場合があります。
  • ファクタリングを利用することで、企業の財務状況に関する情報が外部に漏れる可能性があります。
  • 長期的な視野で見ると、ファクタリングは売掛金を買い取ることで、企業の利益を減少させる可能性があります。

以上がファクタリングの基本的な仕組みや利点・欠点についての説明です。企業がファクタリングを利用する際には、十分なリスクとリターンの評価が必要です。